【小学校の先生】朝型!早め出勤は時短につながる!朝型に切り替えて効率的に仕事するメリット3つ

スポンサーリンク
教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は8:10~16:40の8時間30分が拘束時間でした。

しかし、その8時間30分の時間の中で、学年やクラスの仕事、部活動の指導、いろいろな事務作業などが終わるわけもなく、ほとんど毎日残業でした。または、残業しない代わりに持ち帰りの仕事です。

しかし、そんな私も朝型になり、早めに出勤して、仕事を効率的に終わらせようとがんばりました。その結果、完全に朝型にシフトし、仕事を効率的に終わらせることができ、残業が減りました。そんな私が感じた、朝型に切り替えて効率的に仕事をするメリット3つについてお話します。

 

 

スポンサーリンク

静かな中、自分のペースで仕事ができる!

 

まだ先生や子どもがいない時間は学校がしーんと静まり返っています。それがとても集中できました。

放課後に仕事をしようとすると、先輩先生の自分が1ミリも興味もない世間話を聞かなくてはいけなかったり、印刷機など学校に1つしかないものの順番待ちをしたり、無駄な時間が増えます。

ていうか世間話ってなんであんなに長いんだ…こっちから切り上げなかったら、永遠と話してませんか??

 

しかし朝型に変えてからは、自分のペースで仕事をでき、無駄な時間が減ったなと感じました。

さらに、通勤時間帯を避けられるので、道路や電車も空いていて気分よく出勤できました。

 

 

集中できる!

 

学校が静かであるから集中できるのはもちろん、頭もすっきり冴えていて集中して仕事にとりかかれます。

 

 

それは科学的にも根拠があり、朝の時間帯では、アドレナリンやドーパミンが活発化するそうです。どちらも、脳をフル回転させてくれるそうで、記憶力向上や集中力に効果があります。

そのため、朝には頭を使う仕事から行うといいですね。単純作業をしていてはもったいない!

 

できるだけ早起きして仕事に取り掛かると、放課後にくたくたで仕事をするのとは比にならないくらいの生産的と言えるわけです。どうせ残業しなくてはいけないなら、朝残業に切り替えた方が効率的です。

また、ほかの先生が出勤し始めたり、子どもたちが登校し始めたりすると、学校がざわざわとした慌ただしい雰囲気になってきます。そこをタイムリミットと自分の中で決めて、「それまでの時間にどれだけ終わらせることができるか」と、ゲーム感覚で仕事をしていました。

 

NENAちゃん
NENAちゃん

共有スペースであっても、人がいなければ自分の使いたい用に使うことができます。私は印刷しながら、優雅にコーヒーを飲んだり、イヤホンで音楽を聴きながら仕事をしたり、周りに子どもや先生がいてはできない働き方をしていました(笑)少しでも仕事のストレスを減らすことができたので、おすすめです。ほんとうに朝残業にはメリットしかない!!

 

 

早めに退社できる!

 

早めに出勤したからといって、必ずしも早めに退社できるとは限りません。

朝早く来て、夜も遅く帰るという、ただ残業時間を増やしただけになったら朝残業の意味がない!

帰る時間を決めて、周りに宣言することによって、ぱっと仕事を切り上げることができます。

 

 

私が勤めていたころ、学年主任はだらだら仕事をするのが大好きで、1番遅く出勤し、1番遅く退勤するという人。そのペースに合わせていたら、仕事が効率的に進まないどころか、振り回されっぱなしで精神面がやられると思い、「もうどう思われてもいいから早く帰りたい!!!」という一心で(笑)

 

  • 「〇時に帰らないといけないので、何かやることがあればその前までに教えていただきたいです。」
  • 「今日はもう帰るので、何かやることがあれば朝やります。机の上に置いておいてください。」

 

など、私は早く帰りますアピールをしまくりました(笑)

 

そうすると、主任も「NENAは早く帰るから…」と思ったのか、ようやく定時を気にして仕事をするようになったのでよかったです(笑)

それでもたまに振り回されることもありましたが、確実に回数は減ったと思います。帰れない=主任のせいといってもいいくらいでした。

 

プライベートが充実!

 

また私は2学期からだんだんと仕事に慣れ、働き方のペースがつかめてきました。そこで完全に朝残業にシフトしました。

そして2学期以降はプライベートもとっても充実!

  • 保育士試験に独学で一発合格。
  • 先生ではない友達と、華金を楽しむことができる。
  • 飲み物を飲みながら、至福のおうち映画を楽しむ。
  • 夜ランニングで運動不足解消。
  • お風呂にゆっくり入ることができ、疲れが取れるのはもちろん、気持ちの整理もでき、仕事へのモチベーションがアップ!

など、ここには書ききれないくらいのメリットがありました。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。今回は、

 

  • 自分のペースで仕事をでき、無駄な時間が減る。さらに、通勤時間帯を避けられるので、道路や電車も空いていて気分よく出勤できる。
  • 朝は頭がすっきりと冴えているので、頭を使う仕事からはじめよう。朝は、記憶力向上や集中力に効果がある時間帯。
  • 早く来て、夜も遅く帰るという、ただ残業時間を増やしただけになったら朝残業の意味がない。帰る時間を決めて、周りに宣言することによって、ぱっと仕事を切り上げよう。

 

ということを書かせていただきました。

先生という仕事は本当に大変でなかなか帰れないと思います。

しかし、どうせ残業するなら朝残業!メリットがこんなにもあります。朝残業で効率よく仕事を終わらせ、だんだんと残業時間を減らせるようにしていきたいですね!

 




教育
スポンサーリンク
NENAのすきなこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました